『今すぐお金を借りたい』 なら消費者金融がおすすめ

今すぐお金を借りたいなら、消費者金融を利用するのがおすすめです。

 

消費者金融で50万円以下借りる場合
誰にも知られず、電話確認もなく
今すぐにお金を借りることができます。

 

今の消費者金融は、ひと昔前よりもずっと使いやすくなっているんです。

 

消費者金融のメリット

消費者金融のメリットは、誰にも知られずに、今すぐお金を借りられることです。早ければ申し込みから1時間以内に、お金を借りることができます。

 

最近では、消費者金融はコンビニのATMと提携しているので、ネットで申し込んで審査を通して、最寄りのコンビニでお金を引き出すことが可能です。

 

早くて便利、誰にも知られずに、どこでもお金を受け取れるというのはとても大きなメリットです。

 

消費者金融のメリット

逆にデメリットは、総量規制といって年収の3分の1以上は借りることができないこと、そして金利がちょっと高いことです。

 

総量規制の上限は法律なので変えることは出来ませんけど、年収の3分の1以上を借りなくてはならない場合は多くはないでしょう。

 

金利が高いことは、30日間の無利息期間を上手にやりくりすれば大きな影響はありません。

 

デメリットは使い方で解消することができるんです。

 

今すぐお金を借りたいなら消費者金融を利用するのがおすすめ

メリットは大きく、デメリットは工夫次第で何とかなります。

 

今すぐお金を借りたいなら、消費者金融を上手に活用するのがおすすめです。

 

消費者金融を選ぶポイント

今すぐお金を借りたい、そんな場合に消費者金融を選ぶポイントは、在籍確認があるかどうかです。

 

在籍確認とは、「〇〇さんいらっしゃいますか?」という確認の電話のことです。

 

在籍確認なしで初回30日間無利息のサービスもあるのは『アイフル』だけ

在籍確認は、会社名で電話をかけてくることは無いので、消費者金融からの電話だと勤務先にばれることはありません。それでも、土日など会社が休みの日は在籍確認が取れないということになります。

 

このため、「いつでも」「誰にも知られずに」今すぐお金を借りたい場合は、在籍確認の電話が無くても利用できる消費者金融がベストです。

 

消費者金融の大手3社は、プロミス、アコム、そしてアイフルなのですが、在籍確認が無くてもお金を借りられて、30日間の無利息期間の両方がある消費者金融は、現在『アイフル』だけです。

 

在籍確認が無くて済むというメリットは大きいので、消費者金融でお金を借りるなら、まず『アイフル』を候補に考えてみることをおすすめします。

 

『アイフル』以外の消費者金融

大手3社のほかに、在籍確認が無くてもお金を借りられる『モビット』を2番目に推しますが、モビットには初回30日間無利息のサービスはありませんので、そこは注意しましょう。

 

在籍確認の電話があっても気にしないというなら、選択肢はぐっと広がります。『プロミス』や『アコム』なども選択肢に入ってきます。

 

おすすめ消費者金融ランキング

アイフル

〇 在籍確認は書面で代用可能です。(社員証や源泉徴収票など会社に所属しているということがわかる書類をスマホで撮影して送ればOKです)
〇 初回30日間無利息です。

 

モビット

〇 在籍確認は、WEB完結申し込みを利用した場合は、電話連絡なしで借りられます。
× ただしモビットには初回30日間無利息のサービスはありません。

 

プロミス

× 原則必ず電話での在籍確認があります。
〇 初回30日間無利息です。

 

アコム

× 原則必ず電話での在籍確認があります。
〇 初回30日間無利息です。

消費者金融に申し込む時に用意するもの

消費者金融に申し込む時には、最低限の書類は用意しておく必要があります。

 

アイフルの場合で、申し込みに必要な書類を説明します。

 

本人確認書類(全員必ず必要になります)

運転免許証か、運転経歴証明書があれば、それが一番便利です。

 

無い場合は、顔写真入りの公的証明書類、パスポート、特別永住者証明書、在留カード、個人番号カード、住民基本台帳カードなどでも大丈夫です。

 

本人確認書類に記載の住所が、現在の住所と異なっている場合は、氏名と現住所の両方が記載されている、書類が必要になります。この書類は、公共料金の領収書(NTT、電気料金、都市ガス、NHK料金)、住民票の写し、印鑑証明書などです。

 

収入証明書類(50万円以上借りる場合に必要になります)

収入証明書類は、1社から50万円以上借りる場合、または、他社との借入総額が100万円を超える場合に提出が必要となります。

 

勤めていて給与をもらっている人は、源泉徴収票か、最近2か月分の給与明細書を用意しておきましょう。

 

給与明細の場合、地方税(住民税)の記載があれば1か月分でも可能となる場合があります。

 

また、給与明細に「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていないもの、手書き部分があるものの場合は、勤務先の社判が必要になる場合があります。

 

自営業や個人事業主の人は、住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書のうちいずれかを用意しておきましょう。

 

はじめて消費者金融を利用する場合は、50万円以内の限度額に設定されることが一般的になるので、他社利用が無ければ、初回利用の場合は収入証明書類は不要と考えていて大丈夫です。

消費者金融は計画的に利用しましょう

お金がどうしても必要だけど手元にお金が無い時に、今すぐお金を借りたいなら、消費者金融はとても便利です。

 

消費者金融は使い方さえ間違わなければ、安心・安全に利用できて、私たちの生活にとても役に立つものです。

 

それでも、返済に追われる生活を送るのは避けたいものです。消費者金融を利用する時には、しっかりと返済計画を立てて、計画的に利用するようにしましょう。

 

消費者金融の各社は、ホームページ上に返済シュミレーションができるような計算画面を用意しています。事前に毎月の返済額を確認しておきましょう。

 

もちろん初回無利息30日間のなかで返済すれば利息ゼロなので、一切無駄なお金はかかりません。消費者金融を上手に利用するなら、初回無利息30日間のなかで返済するのがベストです。